DCマウス研修(inukai編)[22] 吸引ファンの作り直し


こんにちは!
inukaiです。

安定した走行ができるように調整の日々を過ごしております。
今日は少し時をさかのぼって11月初旬に行ったことを書こうかと思います。

全日本に向けた調整の前に、吸引ファンを再度作り直しました。
100円モータだと吸引に使うと発熱が大きい、電流を流すわりにトルクが出ていなさそうというのが気になっていました。
手ごろなものがあれば交換したいと思っていたところ、よさそうなモータを紹介してもらったので人柱として使用してみました。

購入したのはこちらのモータ。
京商 エクスピードドローンモーター DRW002
サイズはφ10 mm * 20 mm。
ピニオンギア(モジュール0.3、厚み4.5 mm、端数13)が付属してます。

 

こちらに合わせて、吸引ファンをNC加工機で切削して作りました。
というのも出力が上がったため、積層方式の3Dプリンタだと薄い羽の強度が足りずファンがばらばらに…
ばらばらになったファンの残骸がこちら

手元に5mmのPOMがあったため、それを使って削りだしました。

以前設計したファンは厚みが11 mm。今回は5 mm (羽は4mm)と薄くなったので吸引力がどうなるかが心配ですがとりあえず回してみました!

吸引力は約250 gと個人的には満足の結果がでました!
ただ実際の運用ではバッテリーの電流を考えて200 g程度に抑えて使用しています。

吸引用モータおよびファンの交換で、安定して高い吸引力がでるようになり発熱も気にならない程度になりました。
車体重量は105 g → 110 gと少し重くなっています。
ただ結果としては、重心が車軸より1 mm程度前といい感じに落ち着いたのかなと思います。
(吸引モータ交換前は、重心が若干車軸より後ろでした)

今回のDRW002は4つセットですが、1個あたり1300円程度と手ごろなのとパワーがあるので個人的にお勧めです。
モータは0.04 V程度から回りだしたので、摩擦も小さそうかなと思います。
上記の点やピニオンギアも付属していることを考えると足回りにもいいかもしれませんね。

いよいよ全日本直前ですので、最短走行を安定して走れるよう引き続き調整していきたいと思います!
それでは大会でお会いしましょう!


Posted in DCマウス研修, DCマウス研修(吸引編), 研修