Raspberry Pi Mouseの無線LAN設定の仕方 Ubuntu編 固定IP設定


Yukiです。Raspberry pi Mouseの固定IPのつけ方について説明したいと思います。

環境は、Raspberry pi 3 で、Ubuntu 16.04です

Raspberry pi mouseのubuntuは無線LANが使えない設定だというお問い合わせをよくいただきます。質問がある場合は、ここから”New Issue”を立てて質問しましょうね。

さて、固定IPをつけるときはどんなときか?
ロボットが大量にあって、ホスト名で解決するのが大変な教室での使用とかが多いです。

前回の説明から、DHCPだと下記の設定になっているはずです。

$cd /etc/network
$sudo vi interfaces

を見てください。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# Source interfaces
# Please check /etc/network/interfaces.d before changing this file
# as interfaces may have been defined in /etc/network/interfaces.d
# See LP: #1262951
#source /etc/network/interfaces.d/*.cfg
auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
wireless-power off

これを下記のように編集します。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# Source interfaces
# Please check /etc/network/interfaces.d before changing this file
# as interfaces may have been defined in /etc/network/interfaces.d
# See LP: #1262951
#source /etc/network/interfaces.d/*.cfg
auto eth0
#iface eth0 inet dhcp ←この行をコメントアウトする
iface eth0 inet static
address [設定したいIPアドレス]
netmask [ネットマスク]
gateway [ゲートウェイ]
dns-nameservers [ネームサーバ] #resolv.confに書いてある内容は無視されるのでこっちに書くと吉

auto wlan0
#iface wlan0 inet dhcp ←この行をコメントアウトする
iface wlan0 inet static
address [設定したいIPアドレス]
netmask [ネットマスク]
gateway [ゲートウェイ]
dns-nameservers [ネームサーバ] #resolv.confに書いてある内容は無視されるのでこっちに書くと吉
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
wireless-power off 

ここで、DNSネームサーバは下記のコマンドを実行すれば良いので、コマンドを実行すると以下の様に表示されます。

cat /etc/resolv.conf

# Dynamic resolv.conf(5) file for glibc resolver(3) generated by resolvconf(8)
# DO NOT EDIT THIS FILE BY HAND -- YOUR CHANGES WILL BE OVERWRITTEN
nameserver 192.168.1.1

これを書き換えてしまうのもありですが、/etc/network/interfacesに書いておいてしまいましょう。(ここにあればresolv.confに書いてある内容は無視されるのでinterface内に書くと吉の意味)

dns-nameservers 192.168.1.1 #←ゲートウェイと同じIPになってることが多い

ちなみに、allow-hotplugとかの設定をたまにネットの設定ファイルで見かけます。
Raspberry Pi3は無線LANも有線LANも標準装備なので、allow-hotplugの設定はいらないようです。
使うとしたら、USBドングルで無線LANを刺してるような場合に使いますので、何かで必要になって書くとしたら、下記を追加です。

iface wlan0 inet dhcp #←DHCPの設定ならこの下
allow-hotplug wlan0

ではロボットライフをお楽しみください。

p.s.自分の備忘録を兼ねて書いておくと。
ubuntu 16.04から、「eth0」だったインターフェイスが「enpNsN」になってたりするようです。(Nはどういう由来かよくわからないけど数字)
読者の皆様は、適宜ifconfigで上がってくるインターフェイスのデバイス名を見ながらeth0とenpなんちゃらと読み替えてくださいませ。


Posted in Raspberry Piで学ぶROSロボット入門の補足, 技術情報
Tags: , , , , ,