マイクロマウス研修 プログラミング5


前回書いたのが11月22日・・・
「前回どこまで書いたっけ?」と自分のブログを確認した程、間が空いてしまいました。

私の本業の宣伝ですが、アールティでは企業向け研修サービスを行っています。
そこで企業の人事担当者向けのオリジナル季刊誌「RT TIMES」を今月創刊しました!
ご興味をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

そして研修に興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせフォームからお願いします!
アールティのサイトからこのブログに辿り着く人事の方が多いとは思いませんが・・宣伝は大切です。
少しずつ研修の引き合いも来ております。

今回のプログラミングは「スイッチを使おう」です。
ミニーちゃんの一番下の赤黄青のボタンを押して一番上のLEDライトを点滅させられるか確認。
IMG_0108
(この写真は前の使い回しなので関係ないところのLEDが光っていますが)

今までと同じく、既存プログラム(アオキ師匠作)をミニーちゃんに転送し、
そのプログラム通りにスイッチを押してLEDが点くかどうか確認しました。
それは簡単に終わりました。実質、私は何もやっていませんから。

マニュアルを読み進めていくと「ここまでの成長を確認する意味で、このプログラムに
ブザーを鳴らすプログラムを自分で書いてみましょう!」と宿題が出されています。

おぉ~、初めて本格的に自分で書き込む訳ですね!
今あるアオキ師匠の「スイッチを押すとLEDが光る」プログラムに、
「スイッチを押すとブザーが鳴る」プログラムを追加するべくコードを書き込みます。

分からないながらに自分で考えてコードを入力してみます。
本当に分かっていないので、今まで見てきたプログラムから推察して書き込みます。

ところが、プログラミング画面に入力していると、
間違えて消したくない所(本プログラム)まで消してしまいました。

どうすれば??元に戻したいけど戻せない!と思ってアオキ師匠に聞いたら
「何、直接書いたの!?他のディレクトリに書いてないの??」と超驚かれました。

え、ディレクトリって何?と思ったら「フォルダ」のことでした。

私が入力していた画面はプログラム原本だから、そこにいきなり書き込む人なんていない。
「普通は別のところに書いて、それをコピペして使う」そうです。
確かにそれなら間違えてもすぐに直せるし、便利です。

私レベルの読んでくれている人に説明するなら(私の文系友人もこのブログを読んでます)、
消したくない大切なテレビ番組が録画されているビデオ(ビデオってw)のCMカット編集をしようとして
間違って本編も削除して戻せなくなってしまった・・・そんな状態?
そんなに大切なビデオなら他のビデオにまずはダビングして作業してよ!というところでしょうか。

まずはどこにコードを書いてコピペするんですか?(素朴な疑問)
メモ帳?ワード??

↑この辺りで、突拍子もない私の発想にアオキ師匠がついていけなくなり、
会話がちぐはぐ噛み合わなくなってくる(笑)

アオキ師匠曰く、最初にダウンロードしたサンプルプログラムそれ自体を全てコピペして、
コピーしたサンプルプログラムを開いて、そこにコードを書くということらしいです。

ビデオで例えるなら「大切な番組が録画されてるビデオ」(本プログラム)を
まずは別のビデオにダビングして、そこに上書き保存で別の番組を録画する感じ?
もうビデオとか古いですよね。昭和世代だから許して下さい。

「そんなことマニュアルに書いてなかったですー知りませーん分かりませーん!」
と言うと、「ノウハウというか、プログラマーなら常識だから書かなかった・・・」と。Oh

何も進んでいないのに1回分書けてしまうのが私の悪い癖です。
次はしっかり(?)宿題のプログラムコードを書いてみます。


Posted in 研修