環境開発のインストール (10日目)


おはようございます。

今日からはPi:Co Classic 2のプログラムを書き換えるためのソフトウェアのインストールから入りたいと思います。

最初にHew(high performance embedded workshop)のソフトをインストールしました。

スクリーンショットをしたので簡単な流れを画像で紹介します。

スクリーンショット 2014-07-17 10.19.54_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.22.30_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.25.15_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.25.38_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.25.57_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.26.25_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.27.33_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.27.50_R

こんな感じでHewのインストールができました。

次は、フラッシュ開発ツールキットの「ver.4.07 Release00」をダウンロードして、フォルダ内にある「fdtv409r02.exe」のファイルを開いてインストールしたのを画像で紹介します。

スクリーンショット 2014-07-17 10.39.01_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.39.53_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.40.25_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.40.44_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.41.16_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.41.22_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.42.55_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.43.17_R

スクリーンショット 2014-07-17 10.45.18_R

こんな感じで終わりました。

次にmini USBケーブルのドライバのインストールを行っていきます。

ピコクラ2とmini USBケーブルを用意します。

R0014048_R

R0014049_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.19.21_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.22.39_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.23.38_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.31.11_R

既にUSB serial port (com1)に書き換えられていますが、com9以降の番号は使えないみたいなので、下記の写真が書き換えた様子です。

スクリーンショット 2014-07-17 11.32.43_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.32.48_R

詳細設定をクリックし、

スクリーンショット 2014-07-17 11.33.27_R

comポート番号を1~8の数字どれかに書き換えて終わりました。

次は、Tera Termのインストールを行っていきます。

下記の写真を参照してください。

スクリーンショット 2014-07-17 11.47.27_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.47.38_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.47.56_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.48.06_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.48.56_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.49.06_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.49.33_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.49.46_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.50.02_R

スクリーンショット 2014-07-17 11.50.12_R

こんな感じで今日は終わります。

明日はサンプルプログラムのビルドから行っていきます。


Posted in Pi:Co Classic2 製作記