Monthly Archives: December 2016

マイクロマウス研修 プログラミング7

前回、うんともすんとも言わなかった我らがミニーちゃん・・・どうしてでしょう。

アオキ師匠に聞いてみました。
「転送した時のファイルの場所が正しい所にあるものかどうか確認した?」

あっ!!!

私のパソコンには、マイクロマウスを動かす為のプログラムが2つあります。
前々回のブログに書いた「ビデオのダビング」です。
決して手を加えてはいけない「本プログラム」と、
コードの追加修正OKな「コピーしたプログラム」。

本プログラムをミニーちゃんに転送しても、
それは「ボタンを押すとLEDが光る」プログラムなので
「ボタンを押すとブザーが鳴る」訳ではありません。

早速確認してみると、案の定、「本プログラム」を転送しただけでした。
「それならば」と、早速書き加えたプログラムの場所を確認して、それを転送すると
首尾よく転送完了。

さっそくミニーちゃんのボタンを押して鳴らしてみます。

なんと・・・・・

鳴りません!!(悲しい悲鳴)

なんなら、今までボタンを押して光っていたLEDも光らなくなりました・・・
これはまさに「前回転送したプログラムは本プログラムで、
今回転送したのは私が書き直したプログラム」だから。

でも、ビルド時には問題なくエラーも出なかったのに、なぜ音が鳴らないのでしょうか。

この疑問もアオキ師匠にぶつけてみると
「プログラムの構文さえ間違っていなければOKと判断してしまうから」らしいです。

if文などの構文(本当、英語みたい)さえ正しければ
中身が間違っていても通ってしまうのか・・・
コンピューターまかせで「エラーが出た所だけ直せばいい」と思っていましたが、
それは大間違いでした。
どこが間違っているかコンピューターでは判断しないから、自分で見直すしかない・・・

「どこが間違っているかを理解していたら、そもそもそんなコード書かないし」
とボヤキが出ます。修正にまた時間がかかりそうです。
実際、時間をかけて間違い探ししているものの・・・はぁ~、全然分からない・・・。

なんと、こんな中途半端な状態で私は仕事納めです。
来年出勤した頃にはまた「どこからやるんだっけ」が待っているのでしょう。

皆さま、このブログに毎回お付き合い頂き、どうも有難うございます。
よいお年をお迎え下さい。

続きを読む ›

Posted in ブログ, 研修


マイクロマウス研修 プログラミング6

社長ゆきさんにも笑ってもらった「どこにコードを書いてコピペすればいいんですか」事件。

やはり文系の悲しい性。
いざ、宿題のコードを書くところからやろうとしても、机の上のモノを整理してみたり
急ぎではないパソコン上のフォルダやファイルの整理をしてみたり。
まさに夏休みの宿題を後回しにする子供です。

宿題とは何だったか復習してみますと。
アオキ師匠作のプログラム「スイッチを押すとLEDが光る」に、
私が「スイッチを押すとブザーが鳴る」コードを書き加えるという内容でした。

「ブザーを鳴らす」は以前やったので、その時のコードを加えればいいですね。

「どこに」書き加えるか。それが問題だ。(`・ω・´)キリッ

まずは以下「スイッチを押すとLEDが光る」プログラムがあります。
文系の我が友人読者様、この辺すっ飛ばして読んで下さいね。

このコードの下に、以下コードを書き加えました。
コピペして12行目から18行目を書き加えました。

そしてこのプログラムをビルドします。
(このコードをコンピュータが実際に動かせるようポチッと押して機械語に翻訳してもらう)
間違いがあるとエラーが出て来るのですが、出てきたエラーは予想外に1つだけ。
そしてそれらを修正することをデバックというのでした。
エラー内容は最後に } が足りない、というだったので、
適当に付け足してもう一度、ビルド。

そして完了したので、このプログラムを我らがミニーちゃんに転送します。
転送も無事完了!なんか幸先いい感じ。

プログラム通りミニーちゃんは「ボタンを押してブザーが鳴る」ようになったのでしょうか?

ドキドキしながらボタンを押すと・・・無音。
素晴らしい程の静寂です。
ボタンを押すとLEDが付いたり消えたりします。追加前の本プログラムは健在。

きっと後ろの席にいるアオキ師匠は私が
「ブザーを鳴らそうとしていた」ことすら気づいていないでしょう。
長くなってしまったので、この辺で一度切ります。

次回はなぜブザーが鳴らなかったのか。アオキ師匠に聞いて直してみます。

続きを読む ›

Posted in 研修


マイクロマウス研修 プログラミング5

前回書いたのが11月22日・・・
「前回どこまで書いたっけ?」と自分のブログを確認した程、間が空いてしまいました。

私の本業の宣伝ですが、アールティでは企業向け研修サービスを行っています。
そこで企業の人事担当者向けのオリジナル季刊誌「RT TIMES」を今月創刊しました!
ご興味をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

そして研修に興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせフォームからお願いします!
アールティのサイトからこのブログに辿り着く人事の方が多いとは思いませんが・・宣伝は大切です。
少しずつ研修の引き合いも来ております。

今回のプログラミングは「スイッチを使おう」です。
ミニーちゃんの一番下の赤黄青のボタンを押して一番上のLEDライトを点滅させられるか確認。
IMG_0108
(この写真は前の使い回しなので関係ないところのLEDが光っていますが)

今までと同じく、既存プログラム(アオキ師匠作)をミニーちゃんに転送し、
そのプログラム通りにスイッチを押してLEDが点くかどうか確認しました。
それは簡単に終わりました。実質、私は何もやっていませんから。

マニュアルを読み進めていくと「ここまでの成長を確認する意味で、このプログラムに
ブザーを鳴らすプログラムを自分で書いてみましょう!」と宿題が出されています。

おぉ~、初めて本格的に自分で書き込む訳ですね!
今あるアオキ師匠の「スイッチを押すとLEDが光る」プログラムに、
「スイッチを押すとブザーが鳴る」プログラムを追加するべくコードを書き込みます。

分からないながらに自分で考えてコードを入力してみます。
本当に分かっていないので、今まで見てきたプログラムから推察して書き込みます。

ところが、プログラミング画面に入力していると、
間違えて消したくない所(本プログラム)まで消してしまいました。

どうすれば??元に戻したいけど戻せない!と思ってアオキ師匠に聞いたら
「何、直接書いたの!?他のディレクトリに書いてないの??」と超驚かれました。

え、ディレクトリって何?と思ったら「フォルダ」のことでした。

私が入力していた画面はプログラム原本だから、そこにいきなり書き込む人なんていない。
「普通は別のところに書いて、それをコピペして使う」そうです。
確かにそれなら間違えてもすぐに直せるし、便利です。

私レベルの読んでくれている人に説明するなら(私の文系友人もこのブログを読んでます)、
消したくない大切なテレビ番組が録画されているビデオ(ビデオってw)のCMカット編集をしようとして
間違って本編も削除して戻せなくなってしまった・・・そんな状態?
そんなに大切なビデオなら他のビデオにまずはダビングして作業してよ!というところでしょうか。

まずはどこにコードを書いてコピペするんですか?(素朴な疑問)
メモ帳?ワード??

↑この辺りで、突拍子もない私の発想にアオキ師匠がついていけなくなり、
会話がちぐはぐ噛み合わなくなってくる(笑)

アオキ師匠曰く、最初にダウンロードしたサンプルプログラムそれ自体を全てコピペして、
コピーしたサンプルプログラムを開いて、そこにコードを書くということらしいです。

ビデオで例えるなら「大切な番組が録画されてるビデオ」(本プログラム)を
まずは別のビデオにダビングして、そこに上書き保存で別の番組を録画する感じ?
もうビデオとか古いですよね。昭和世代だから許して下さい。

「そんなことマニュアルに書いてなかったですー知りませーん分かりませーん!」
と言うと、「ノウハウというか、プログラマーなら常識だから書かなかった・・・」と。Oh

何も進んでいないのに1回分書けてしまうのが私の悪い癖です。
次はしっかり(?)宿題のプログラムコードを書いてみます。

続きを読む ›

Posted in 研修